フルーツバスケット 第21話「売られた電波は買わなくちゃ」 感想

furuba21.gif

花島咲の回です! やったね!

そんな訳で今回は咲さまを堪能しました。あの抑揚のないしゃべりと冷たい目。それでいてとおるのことを誰よりも思っています。こんな友達がとおるをつくっているのだなぁと、しみじみ思います。

「本当は少し嫉妬していた」「とおる君が草摩の人たちに取られてしまって、少し寂しかった」咲さまの本音が聞けて嬉しかったですね。

でも

咲さまが髪をほどいたシーンも見逃してはいけません。ドキドキしましたね。


さて。今回の物語は、と言えば特に見るべきものはありませんでした。咲さまが出るのは良いのですが、本筋に関係ないエピソードですよね。

蛇足感がハンパありません。

こんなエピソードぶっこんでくるぐらいなら、とおるやきょうやゆきをもっともっと掘り下げてほしいですよ、ほんとに。