フルーツバスケット 第19話「ごめんなさいーっ」 感想

furuba19-2.gif

自己評価低すぎキャラは、どうにも痛々しくて見ていられません。

「生きていてすみませーん」……逝って良し。冗談でもこういうこと言う人嫌いです。自己評価が低いというよりも自己否定しているのが気に入りません。

「くだもの本にしてみました」は笑いましたけど。

他人をからかうことが生きがいなしぐれのようなキャラには、りずやみつるはさぞおいしいのでしょう。


furuba19.gif

みつるはかわいくて好きですね。一生懸命が空回りしている感がいいです。りずと気が合ってしまうあたりはどうでしょうか。


とおるは、すごいですね。他人を救う言葉、そのきっかけになる言葉をかけられます。母京子の教えでしょうけれど、それを自分の言葉にできるのはとおるの力です。


十二支はどいつもこいつも屈折してねじれて面倒くさい人間しかいないのでしょうか。草摩一族は呪われているのかと。

とおるが彼らの痛みや負い目を軽くしていく物語なのでしょうかね。それなら登場人物多すぎですよ。もっと絞って、じっくり丁寧に描いてほしいです。きょう、ゆき、あやめ、しぐれぐらいに絞ってほしいですね。



はなちゃんが出なくて寂しい今回です。