フルーツバスケット 第21話「売られた電波は買わなくちゃ」 感想

花島咲の回です! やったね!そんな訳で今回は咲さまを堪能しました。あの抑揚のないしゃべりと冷たい目。それでいてとおるのことを誰よりも思っています。こんな友達がとおるをつくっているのだなぁと、しみじみ思います。「本当は少し嫉妬していた」「とおる君が草摩の人たちに取られてしまって、少し寂しかった」咲さまの本音が聞けて嬉しかったですね。でも咲さまが…

続きを読む

フルーツバスケット 第20話「何マジで拾ってんのさ」 感想

ひろ登場。設定上最低でも13人は出てくるのでしょうが、やはり登場人物が多すぎでしょう。 ひねくれた子どもは嫌いじゃないけれど、横柄だったり人を試したりするのはいただけませんね。なんのために出てきたキャラなのか意味不明。前回のりずよりはマシとは言え、出す必要あったのでしょうか。原作者はキャラに思い入れがあるから、全キャラをフォローしたいのかも…

続きを読む

フルーツバスケット 第19話「ごめんなさいーっ」 感想

自己評価低すぎキャラは、どうにも痛々しくて見ていられません。「生きていてすみませーん」……逝って良し。冗談でもこういうこと言う人嫌いです。自己評価が低いというよりも自己否定しているのが気に入りません。「くだもの本にしてみました」は笑いましたけど。他人をからかうことが生きがいなしぐれのようなキャラには、りずやみつるはさぞおいしいのでしょう。 …

続きを読む

コミケが開催されていますが、徹夜組にペナルティを科したいですね

今年も夏コミが終わりました。 徹夜組が減ったとか聞きますが、実際のところはどうなのでしょう? 徹夜はルール違反にしてマナー違反です。 コミケが危ういバランスのもとで成り立っていることを考えると、徹夜組はコミケをつぶそうとしているようにしか感じません。 問題が発生して、行政が本気で取り締まりをはじめれば、一瞬でつぶれますよ、コミック…

続きを読む

ゴジラ ('84) 感想

まずまずの佳作でした。ゴジラは人類の敵に帰り咲いて、ゴジラらしいゴジラ映画で楽しめました。子ども向け要素はほぼないのですが、その分ストーリーは楽しめます。 いいところ 漁船乗組員のミイラとフナムシの化物、のっけから怖いです。怪奇現象から始まって怪獣につなげていく流れはよかったですね。ゴジラが既知の存在だったのはマイナスですが。 ミニチュア…

続きを読む